TOP>まちづくり推進担当>地域福祉推進委員会

地域福祉推進委員会とは

市内の10エリア(概ね中学校区・多摩市が定めるコミュニティエリア)を単位とし、その地域で活動する団体及び住民が主体となって、地域に関する情報を共有しています。また、専門機関等も含めた横のつながりをつくり、コミュニティづくりや地域課題の解決に向けた取り組みを行う委員会です。「誰もが自分らしく安心して暮らせる」「お互いに助け合える」まちづくりを推進することを目的としています。

世話人会では、事業の企画や提案を行います。

世話人会。事業の企画・提案。 自治会・住宅管理組合、民生委員、 障がい者団体福祉施設など、 地域包括支援センター、個人、 NPO・ボランティア団体、 コミュニティセンター、自主防災組織 企業、学校・PTA、サロン、老人クラブ

各エリアの地域福祉推進委員会について

下図の各委員会の名前をクリックすると詳細ページが開きます。

各エリアの地域福祉推進委員会区分け地図

第1エリア(関戸・一ノ宮)まち育てネットワーク・関戸(関戸地域福祉推進委員会)
第2エリア(連光寺・聖ヶ丘)連光寺・聖ヶ丘 地域福祉推進委員会 第3エリア(桜ヶ丘)桜ヶ丘まちネット(桜ヶ丘地域福祉推進委員会) 第4エリア(和田・東寺方・落川・百草)三方の森ふれんど 第5エリア(愛宕・乞田・貝取)ほほえみネットワーク愛宕(愛宕地域福祉推進委員会) 第6エリア(諏訪・馬引沢)馬引沢・諏訪 地域福祉推進委員会 第7エリア(永山)福祉のネットワーク永山(永山地域福祉推進委員会) 第8エリア(貝取・豊ヶ丘)ネットワーク貝取・豊ヶ丘きずな(貝取・豊ヶ丘地域福祉推進委員会) 第9エリア(鶴牧・落合・南野)ふれあいトムとも(鶴牧・落合・南野地域福祉推進委員会) 第10エリア(唐木田・中沢・山王下)唐木田・中沢・山王下地区地域福祉推進委員会

↑ページの上へ