TOP事業案内>権利擁護センター

福祉サービス利用支援事業(あんしんサポート・たま)

高齢者や障がい者の方を対象に、福祉サービス利用支援や、金銭管理のお手伝い、大切な書類等を預かるサービスです。相談は無料です。契約後のサービス(支援)は原則として利用料がかかります。まずはご相談ください。

生活支援員(登録型)募集のお知らせ

多摩市社会福祉協議会では、認知症や障がい等により判断能力が不十分な方が、福祉サービスを利用できるように援助を行う生活支援員を募集しています。
認知症や障がいのある方が多摩市で暮らし続けられるように、地域のサポーターとして活動してみませんか?
募集の詳細は、以下の募集要項をご覧ください。

 生活支援員募集要項(PDF 176KB)

また、以下の日程で生活支援員に活動していただく事業の説明会を開催いたします。

第1回 令和元年 7月18日(木) 13:30~
 場所:二幸産業・NSP健幸福祉プラザ(総合福祉センター)7階研修室
    ※多摩社会福祉協議会内の有償活動合同説明会
第2回 令和元年10月10日(木) 13:30~
 場所:二幸産業・NSP健幸福祉プラザ(総合福祉センター)7階 705会議室
    ※権利擁護センター事業のみの説明会
第3回 令和2年 2月13日(木) 13:30~
 場所:二幸産業・NSP健幸福祉プラザ(総合福祉センター)7階 705会議室
    ※権利擁護センター事業のみの説明会

★いずれも日程が変更となる場合がございます。ご了承ください。
ご応募の際は、下記の問合せ先へご連絡いただき、必ず説明会にご参加ください。

応募用紙は下記をダウンロードいただくか、以下の窓口で配布しています。

応募申込書兼履歴書(PDF166KB)

○二幸産業・NSP健幸福祉プラザ(総合福祉センター)7階 権利擁護センター窓口
○ヴィータ・コミューネ7階 多摩ボランティア・市民活動支援センター窓口

ご応募、お待ちしております。

受付・問合せ先
 法人管理課 権利擁護センター 
 電話 (373) 5677 FAX (373) 5612

成年後見制度

成年後見制度は、認知症は障がいにより判断能力が不十分となりご自身の財産管理や契約行為が難しい場合に、本人の状況に応じて家庭裁判所が選任した後見人・保佐人・補助人等が本人を支援保護する制度です。

成年後見制度利用支援事業

弁護士・司法書士・社会福祉士等の専門家と連携して、成年後見制度についてのご相談や、申立手続きのアドバイス、後見人候補者の紹介等を行います。

後見人等支援事業

後見活動等についてのご相談や各種書類作成の支援を行います。また、後見人同士の交流と情報交換の場を提供し、後見人が孤立せず活動するための支援を行います。

ふくし法律相談

弁護士が月に1回、福祉に関わる専門相談(遺言や消費者被害、財産管理、相続、成年後見制度など)をお受けいたします。
障がい者や高齢者及びその家族や関係機関の方が対象です。
相談時間は1時間程度(午後1時半から、または午後2時半から)です。
費用は無料、お一人年1回相談内容は1件までご相談いただけます。事前にご予約ください。

予約電話: 042-373-5677
予約FAX: 042-373-5612

2019年度 ふくし法律相談 年間開催日程
(毎月第3木曜日開催 要予約)
2019年 2020年
4/18 5/16 6/20 7/18 8/15 9/19 10/17 11/21 12/19 1/16 2/20 3/19

相談、出張事業説明

成年後見制度や福祉サービスに関する相談、制度について説明会や講演会、また出張説明も行っていますので、お気軽にご利用ください。

【問合せ先・予約】 権利擁護センター

  • 電話: 042-373-5677  FAX: 042-373-5612
  • 窓口: 〒206-0032 多摩市南野3-15-1
          二幸産業・NSP健幸福祉プラザ(多摩市総合福祉センター)7階
          多摩市社会福祉協議会 法人管理課 権利擁護センター 

このページの上へ

多摩社協建物2015年4月

■多摩市社会福祉協議会

〒206-0032
多摩市南野3-15-1
二幸産業・NSP
健幸福祉プラザ
(多摩市総合福祉センター)

TEL 042-373-5611
FAX 042-373-5612