新型コロナウイルス感染症に伴う総合支援資金特例貸付の再貸付を受け付けています

新型コロナウイルス感染症の影響により、減収や休業、失業等をされた方に対して、総合支援資金特例貸付の再貸付が実施されます。

申込の受付期間が令和3年6月末日まで延長されました

●貸付対象となる世帯については、①~③すべての要件を満たす世帯となります。
①新型コロナウイルス感染症の影響を受け、減収・休業や失業等により生活困窮状況にある世帯
②令和3年6月末までに「緊急小口資金特例貸付」及び「総合支援資金特例貸付」が終了(予定も含む)する世帯
③世帯が自立相談支援機関での相談や継続的な支援を受けること

なお、下記に該当する世帯は貸付対象外となります。
・他の道府県で今回の「総合支援資金特例貸付の再貸付」を既に受けている世帯
・生活保護世帯
・世帯内に社会福祉協議会役職員、民生・児童委員、公務員がいる世帯

申請方法

申請書類提出前に下記の連絡先へ電話をした上で、以下の①~⑤の書類を記入・添付し、書留等配達記録がわかる送付方法にて下記送付先まで書類を提出してください。
なお、★印がついた書類については、東京都社会福祉協議会ホームページからダウンロードすることができます。

★①総合支援資金特例貸付(再貸付)申込書
★②総合支援資金特例貸付 借用書(再貸付)
★③総合支援資金特例貸付 再貸付にかかる申出書
 ④住民票(借入申込者の世帯全員が記載された発行後3か月以内のもの)
  ※外国人の場合は、在留カードの写しも添付してください
 ⑤預金通帳のコピー
  借受人の氏名と、貸付金振込先の銀行名・支店名・口座番号と、緊急小口資金特例貸付及び
  総合支援資金特例貸付(初回・延長)の送金確認ができる部分の写し
  ※送金確認できる部分の写しが提出できない場合は、本人確認書類(健康保険証、運転免許証、
   パスポート、マイナンバーカード)のコピーを提出してください

●申込締切  令和3年6月30日(水)消印有効

●連絡先・申請書類送付先

 多摩市社会福祉協議会 貸付担当
 〒206-0032 多摩市南野3-15-1 二幸産業・NSP健幸福祉プラザ7階
 (電話) 042-373-5622(月~金曜日 9時~17時、祝日を除く)

多摩社協建物2015年4月

■多摩市社会福祉協議会

〒206-0032
多摩市南野3-15-1
二幸産業・NSP
健幸福祉プラザ
(多摩市総合福祉センター)

赤い羽根共同募金
多摩市通いの場マップ
福祉協力店
ハードディスクが読み込まない時に注意したい事と復旧する方法
バナーの募集について